テラデータのビジネス・アナリティクス・ソリューションが

企業を変革する

テラデータは、高度な分析力と専門知識で企業のビジネス課題を解決し、

成長を支えます。

競争が非常に激しく、ビジネス環境がめまぐるしく変化する今日、高いビジネス成果をテクノロジーソリューションを活用することで達成することは、かつてない程に重要性を増しています。企業がビジネスで成功を収めて業界をリードするためには、ビジネス機会を見つけ出し、育み、勝ち取ることが必要です。また、ビジネスに利益をもたらすべく、課題を認識して解決し、業界の動向を把握し、迅速に行動することも必要です。

そのためには、IoTをはじめとする、続々と登場している様々なデータソースからデータを収集し、高度なアナリティクスを活用し、豊かで精度の高いビジネスインサイトを得ることが必要です。さらに、ビジネスニーズを判断し、それらのニーズを満たすように設計されたソリューションを実装することも必要です。テラデータはこれらすべてを実現するソリューションを提供します。

テラデータのビジネス・アナリティクス・ソリューションは、ビジネスを起点とし、そのビジネス上の課題を解決し、成長させるために必要となるテクノロジーを活用するアプローチを採用しています。企業がビジネスで成功し、収益性を高めるために必要となるインサイト、ツール、ソリューションを提供します。テラデータの経験豊富なコンサルタントは、ビジネスのいかなる問題にも取り組むことが可能です。コンサルタントは、目に見える成果を達成するために、実績のあるテラデータのポートフォリオを活用します。

テラデータは、企業が高いビジネス成果をいち早く達成するためにデータ、高度なアナリティクス、テクノロジーソリューションを活用し、支援します。

どの企業においても、企業活動を支える6つの主要なビジネス領域があります。顧客行動の理解、(新製品、既存製品の)製品イノベーション、製品ライフサイクル管理などです。これらの分野におけるプロセス改革に焦点を当て、レバレッジポイントを明らかにし、ビジネスの可能性を広げます。

テラデータは、企業がリアルタイムデータ、高度なアナリティクス、ビッグデータ・テクノロジーを
活用したオペレーショナルエクセレンスを実現し、プロセスの可視化と改革に必要となる
タイムリーなインサイトを意思決定者に提供する支援をします。

テラデータの業界最高レベルのソリューションと経験豊富なビジネス・コンサルタントが、以下の6つの主要なビジネス領域において成果をもたらします。

1. カスタマーエクスペリエンス(顧客体験)

今日、企業は激化する競争にさらされており、顧客からの価格、品質、サービス要求に応えるために売上高や利益率を犠牲にしています。テラデータは企業と顧客のあらゆるタッチポイントにおける顧客インタラクションにおける詳細なインサイトを提供し、関連性が高くシームレスでパーソナライズされた顧客体験を実現し、顧客満足度を向上させると同時に、収益とマーケティング効率を向上させます。

2. ファイナンストランスフォーメンション

今日の最高財務責任者(CFO)および財務部門のリーダーは、新たな法規制、テクノロジーの進歩、ITの活用だけではなく、企業の成長戦略の支援やコスト削減の推進といった課題を抱えています。また、従来の資産保護や株主利益の最大化などの役割も引き続き担っています。テラデータのファイナンストランスフォーメーション・ソリューションにより、財務部門は利益率と収益性を把握できるようになり、ビジネスを伸ばす要因について詳細なレベルで可視化することが可能となります。これによりコンプライアンスが確保され、タイムリーで正確な財務報告が可能になります。さらに、現在の競争が激しい環境においては、ERPデータとERP以外のデータを統合して分析することの重要性がかつてない程高まっており、本ソリューションで統合分析が可能となります。

3. プロダクトイノベーション

企業は、多種多様な製品のライフサイクルを管理し、従来の製品およびサプライチェーンの問題にも対応しなければなりません。必要となるのは、製品の設計、品揃え、販促、価格設定、配置、収益性にまで及ぶアナリティクスです。テラデータは、製品および顧客行動に関するデータ・アナリティクスを提供し、消費者が何を求め、製品をどのように活用し、そして製品選択時の問題点についてより深いインサイトを企業が得られるように支援します。得られたインサイトは、新機能の設計や開発、新製品につながる可能性があります。

4. リスク軽減

ビジネスやテクノロジーの変化のスピードが速まるにつれ、企業はかつてないほどビジネスに悪影響を与える可能性がある様々なリスクにさらされています。複雑な法規制、コンプライアンス問題、不正やセキュリティの課題にも取り組まなければなりません。テラデータは、リスクを特定し、評価し、最小化または排除するソリューションを企業に提供します。

5. アセットオプティマイゼーション

企業は、有形無形を問わず、資産すべての価値を最適化し、最大化することが強く求められています。資産の可視化が限定的であると、計画や運用における意思決定が不正確となり、効率の低下や機会損失につながりかねません。テラデータのソリューションで、企業の資産を最適化し設備投資、総所有コストを削減し、耐用年数を延ばすことが可能となります。さらに故障とダウンタイムを短縮し、安全性を向上させ、収益増加を加速し、運用効率を劇的に改善することが可能になります。

6. オペレーショナルエクセレンス

企業は、自社の人材、設備、システム、その他のリソースを効率的かつ効果的に活用し、潜在能力を十分に発揮させ、価値を最大化しなければなりません。そのためには、ビジネス戦略を遂行し、継続的な改善を行い、進化していくニーズに対応するためのオペレーションモデルを形成するリーダーシップが必要となります。テラデータは、リアルタイムデータ、高度なアナリティクス、ビッグデータテクノロジーを活用して、オペレーショナルエクセレンスを実現するとともに、オペレーションの改善を行う意思決定者にプロセスの可視化と必要なインサイトをタイムリーに提供することを支援します。

テラデータのビジネス・アナリティクス・ソリューションを採用すれば、企業は既存のデータとインフラストラクチャを活用してビジネス成果を獲得し、自社の目標を達成することができるようになります。業界でも類を見ないテラデータのデータ・セントリック・アプローチが、データの利用方法や提示方法の検討を可能にします。さらに、深い業界経験を活かしたテラデータのソリューションは、今日のエグゼクティブが期待し、求める価値を提供することができます。

CONTACT

アナリティクス・ビジネス・ソリューションの6つのビジネス領域について

ご興味があるお客様、データ活用のご相談があるお客様は、

下記フォームよりお気軽にお問い合わせください。