HadoopかDWHか?

データ基盤はテラデータ

IoTやAIなどビッグデータとアナリティクスを活用したビジネスイノベーションが現実のものとなりつつあります。実際にビジネスに活用し、競合他社に先んずるためには、戦略的にこれらに取り組むことが重要です。

​データ基盤は、まさにその基礎をなす重要な検討項目です。
​ビジネスでの活用に必要なデータを適切なタイミングで収集し、必要なボリュームで管理でき、最新のアナリティクスを実行できるパフォーマンスを確保できる基盤を戦略的に構築しなければなりません。

White Paper

あらゆるエンタープライズ・データのビジネス価値を最大化

データ基盤はそれぞれのテクノロジーの特性やコスト、用途に応じて適切に選択する必要があります。


4つのユースケースについて、特性とコストを分析した結果をご紹介します。今後必要となるデータ基盤を検討するベース資料として有用です。

なぜテラデータなのか?

テラデータはデータとアナリティクスのリーディングカンパニーです。

企業がアナリティクスをビジネスで活用するために必要となるプラットフォーム、

分析エコシステム・アーキテクチャー

を実現します。分析エコシステム・アーキテクチャ―とは、ビジネス、インフォメーション、アプリケーション、システムのすべての要素を網羅した概念的かつ論理的なアーキテクチャーです。​この分析エコシステム・アーキテクチャ―を構築することで、ビジネス要件や課題をアナリティクスで解決し、ビジネス成果を獲得することが可能となります。

テラデータは30年以上にわたりお客様のデータとアナリティクスの活用ニーズに応えるソリューションを提供してきました。データウェアハウスに始まり、ビッグデータを取り入れるためのHadoopをはじめとするオープンソースへの対応、データサイエンティストが活躍する高度なアナリティクスプラットフォームの提供、Amazon Web Services、Microsoft Azureをはじめとするクラウドへの対応などで最先端のアナリティクスに最適な統合された分析プラットフォームを提供し、市場で高く評価されています。

Teradata Everywhere™

テラデータはTeradata Everywhere戦略に基づき、4つの価値を実現するモダンな分析プラットフォームを提供します。このプラットフォームを分析エコシステム・アーキテクチャーで効果的に活用します。

Analyze Anything

データ基盤としてのDWH機能だけでなく、複数のデータソースを横断し、様々な分析エンジンでの分析を可能にした分析プラットフォーム「Teradata Analytics Platform」を提供

Deploy Anywhere

パブリッククラウド、マネージド・クラウド(Teradata IntelliCloud™)、オンプレミスから要件に応じて分析プラットフォームの展開場所を選択が可能

Deploy Anywhere

パブリッククラウド、マネージド・クラウド(Teradata IntelliCloud™)、オンプレミスから要件に応じて分析プラットフォームの展開場所を選択が可能

Move Anytime

ライセンスポータビリティにより、変化する要件に合わせパブリッククラウド、マネージド・クラウド、オンプレミス間で分析プラットフォームの展開場所を自由に変更可能

テラデータはマーケットリーダー

テラデータは、米ガートナーのマジック・クアドラント” Data Management Solutions for Analytics”(2017年)でリーダーポジションを継続
 
2017年2月20日発行の米ガートナーのマジック・クアドラント"Data Management Solutions for Analytics (DMSA)2017年"において、テラデータはリーダーとして位置付けられました。
 
このレポートは、ガートナーがユーザー企業へのブリーフィングを含む詳細な調査を行い、対象プラットフォームのビジョンの完成度と実行能力に基づいて毎年評価しているものです。

さらにテラデータは2017年発行 主要調査会社による他の5つの評価レポートでもリーダーポジションを獲得しています。