アナリティクス向けデータマネージメント・プラットフォームならテラデータ

テラデータは、米ガートナーのマジック・クアドラント” Data Management Solutions for Analytics”(2017年)でリーダーポジションを継続

 

2017年2月20日発行の米ガートナーのマジック・クアドラント"Data Management Solutions for Analytics (DMSA)2017年"において、テラデータはリーダーとして位置付けられました。

 

このレポートは、ガートナーがユーザー企業へのブリーフィングを含む詳細な調査を行い、対象プラットフォームのビジョンの完成度と実行能力に基づいて毎年評価しているものです。

​評価されているテラデータの特徴はこちら

テラデータの特徴1

​データウェアハウス専用超並列データベース

テラデータは、アナリティクスで求められる様々な非定型クエリーも高速で処理するために、すべての処理を並列で行う、データウェアハウス(DWH)専用超並列処理(MPP:Massively Parallel Processing)データベース

「Teradata Database」を提供しています。

テラデータの特徴2

​ビッグデータに対応するロジカルDWH

IoTのセンサーデータやWebログなど構造化されていない様々なデータを分析する分析エコシステムの構築には、データウェアハウスだけではなく、Hadoop、R、SPARKなどに代表されるオープンソースの活用が不可欠です。テラデータは分析エコシステムとして最適なロジカルDWHのアーキテクチャ、「Unified Data Architecture(UDA)」を提唱し、お客様に最適な分析プラットフォーム構築を提供しています。

テラデータの特徴3

​ハイブリッド・クラウド

従来のオンプレミス環境だけでなく、お客様のプライベートクラウド環境、Amazon Web ServicesやMicrosoft Azureなどのパブリッククラウド環境で同じ機能を提供するTeradata Everywhere™を実現しています。また、各環境をスムーズに同期・連携させるハイブリッド・クラウド・ソリューションを提供しています。これにより、クラウド化を適切に進めることができます。

CONTACT

テラデータのデータマネージメント・プラットフォームや

データ活用のご相談があるお客様は、

下記フォームよりお気軽にお問い合わせください。

出典: Magic Quadrant for Data Management Solutions for Analytics, 20 February 2017, Roxane Edjlali et al.
This graphic was published by Gartner, Inc. as part of a larger research document and should be evaluated in the context of the entire document. The Gartner document is available upon request from Teradata.

Gartner does not endorse any vendor, product or service depicted in its research publications, and does not advise technology users to select only those vendors with the highest ratings or other designation. Gartner research publications consist of the opinions of Gartner's research organization and should not be construed as statements of fact. Gartner disclaims all warranties, expressed or implied, with respect to this research, including any warranties of merchantability or fitness for a particular purpose.