検索

Aster AttributionにGuide Inferface登場


マーケティング担当者は、どの広告、宣伝、電子メールなどが実際に効果があるのか知りたいものです。この分析により、マーケティング担当者はコンテンツ、プロモーション、およびチャネル戦略を最適化し、多くの場合、予算の配分を決定します。マーケティングアトリビューションでは、コンバージョン経路に沿ってコンテンツの露出を分析、数値化し、各インプレッションの影響を定量化します。Asterを用いれば、この分析はさまざまなパラメータを設定るすAttribution関数を利用して行うことができます。 テラデータでは最近、この機能をより使いやすくし、グラフィカルな出力を提供するGuide Inferfaceをリリースしました。データソースが設定されると、Guided Analytic Interfaceはユーザに、ビジネスユーザがブラウザでアクセスできるインプレッションと分析結果のタイムラインを表示するダッシュボードを提供します。インタラクティブな結果をフィルタリングして、商品、キャンペーン、またはチャンネル別の結果を表示することができます。分析を設定し、共有し、データが更新に合わせてダッシュボードもリフレッシュできます。

インターフェースは、最も広く使用されている以下の5つのアトリビューションモデルで提供を開始しました。

  • 最初のクリック

  • 最後のクリック

  • Uniform(均一)

  • Exponential(指数関数)

  • Weighted(加重)

ユーザーは、これらのさまざまなスコアリングモデルを使用して、それぞれのユースケースに最適なものを選択します。もちろん、複数のモデルを比較して最適なモデルを選択することも可能です。 こちらのデータシート(英語)も合わせて参照ください。

本ブログは、Aster Communityブログの抄訳版です。

原文はこちらをご覧ください。