検索

デジタルによる実店舗販売の促進


ウォルマート、ホームデポ、メイシーズの2016年度第4四半期決算は、複雑な結果でした。しかし、各社ともに、実店舗は引き続き重要であり、オンライン販売とデジタル戦略は実店舗の集客と売上増の鍵であるとコメントしています。

これは、先日、eMarketerに掲載された記事です。

テラデータが最近発表したカスタマージャーニー関連のソリューションやビジョンの多くはお客様のオンラインのやり取りとブランドロイヤリティーの関係性がいかに重要であるかに着目しています。しかし、多くの場合、関連性のあるデータは異なるデータソースで異なるグループで管理されています。

幸運なことに、ここ数年の間に、これらの異なるデータソースがデータレイクでつながることが増えてきました。同時に、テラデータはビジネスユーザーがマルチチャネルのパス分析とパターン分析を視覚的に行うことができる機能を大幅に向上させ、顧客がさまざまなチャネルをどのように流れているかをよりよく理解できるようにしています。

デジタルを活用して実店舗の売上増に何が効果があり、何か効果がないのか把握したいとお考えであれば、以下のステップをお試しください。

1)複数のソースからのデータをデータレイクに統合する。

テラデータはすでに数多くのデータレイクの導入経験があり、データレイク構築を支援できます。また、チャネル間の顧客をマッチングし、個人を特定するための様々なテクニックを提供できます。

2)Path Analysis Guided Analytics Interfaceをそのデータに適用します。

これにより、どの経路が収益につながるかどうかを簡単に確認できます。Twitterのクリックがすべて実店舗の売上に貢献している、と確たる理由もなく推測する必要はなくなります。

Path Analysis Guided Analytics Interfaceを使用すると、下記のように実店舗販売を推進するデジタル戦略を簡単に認識できます。

3)結果に応じて対応を検討する。

分析した結果に基づいて、選択できる様々な戦略があるでしょう。おそらく、オンラインで始まり、実店舗の収入につながる1つまたは複数のパス特定することができるはずです。そして、成功するパスをサポートするために、投資を他のデジタル戦略からシフトしたいと考えることになるでしょう。あるいは、新しいパスが発見するために、四半期で投資を増やして効果を確認することもできます。もしくは、データがどの新しいパスに投資すべきだと教えてくれるかもしれません。

デジタルによるエンゲージメントは、数年間、店内での活動を推進する可能性があります。チャンネルを協調して効果を出す方法を見つければ、生き残り、成功する小売業となることができるでしょう。

本ブログは、Aster Communityブログの抄訳版です。

原文はこちらをご覧ください