検索

ガートナーのDMSAマジック・クアドラントにおける破壊的動きとリーダーシップ


企業は、より多様なデータタイプ、フォーマット、データソースを活用した新しいアナリティクスのユースケースに対応したパワフルで柔軟性のあるソリューションを探している今日、アナリティクス市場は(旧来の市場を破壊する)破壊的な動きを見せています。次世代のアーキテクチャが求められていることは、ガートナーが我々の評価が含まれるマジック・クアドラント・レポートのタイトルと基準を変更したことにもあらわれています。

ガートナーは、2017年、伝統的な「データウェアハウス」のレポートを廃止し、アナリティクス向けデータマネージメント・ソリューション(DMSA:Data Management Solution for Analytics)のマジック・クアドラント・レポートを発表、「要件はよりチャレンジなものとなり、条件を満たすことは難しい」と言っています。テラデータは、このレポートで、ビジョンの完全性、その実行能力ともにリーダーとして評価されました。

このマジック・クアドラントで、テラデータは、ガートナーが「製品機能における市場リーダーシップ」と「将来の強固なビジョン」と呼ぶ2点において競合他社20社の中で強力なパフォーマンスを示しました。さらに、このレポートの中で、テラデータは、「様々な活用方法において、すべてのベンダーの中で最も良い評価であり、リファレンス顧客の80%がテラデータをエンタープライズDMSAと考えている」と述べられています。

成功のための自己破壊

テラデータは先に述べた破壊的な動きがある市場の中で素晴らしい評価を得ています。ガートナーはレポートの中で「市場の破壊的な動きは激しさを増しており、広範なソリューションに対する需要がますます高まっています...よりダイナミックな分野に」このダイナミックな分野は、他の多くの主要プレーヤーには厳しいものになりました。いくつかのベンダーがこのマジック・クアドラントから姿を消しています。そのような中、テラデータは率先して自己破壊を行い、数年間に渡り、アナリティクスの流れを先取りしてきたことが、今回のレポートでの評価に大きな役割を果たしていると考えられます。

テラデータは、ガートナーが提唱する論理データウェアハウス(LDM)の先駆者として、自己破壊にチャレンジしてきました。クライアントは、競争優位性を確保するためにアナリティクスベンダーに将来像を描くこと、柔軟な導入オプションやハイブリッドクラウドなどを含む最適なソリューションを提供することを求めています。これまでの積極的な行動がなければ、テラデータはガートナーが言う「実行能力」、「ビジョンの完全性」においてリーダーとなれなかったでしょう。

"ベストオブブリード"エクセレンス

ガートナーは、従来のエンタープライズ・データウェアハウスの戦略では対応が難しい、さまざまな種類のデータに対するさまざまなアナリティクスの需要の高まりに対応する、論理データウェアハウスを提唱した最初のアナリスト企業の1社でした。クライアントは、リレーショナルおよび非リレーショナル処理、機械学習およびその他の高度なアプリケーションを管理する際に、より多くの分析オプションを必要としています。さらに、柔軟性、機敏性、運用コストモデルを向上させるためにクラウドを組み込んでいる企業が増えています。

テラデータのハイブリッド・クラウド・ソリューションとベストオブブリードな論理データウェアハウスTeradata Unified Data Architecture戦略は、すべての(アナリティクス向けのデータ)活用方法において、ユニークなポジションを築き、ガートナーは、「DMSA市場で最も技術的に高度で能力がある」、「最も要求される主要なアナリティクス活用法において、最も適切」とテラデータを評価しています。また、テラデータは他の2つのガートナーのマジック・クアドラントでも評価されています。ビジネス・アナリティクス・サービスのマジック。クアドラントでは、評価された数少ないテクノロジーベンダーの1つであり、データサイエンス・プラットフォームのマジック・クアドラントでは、 初めて評価されました。

本ブログは、Sentient Enterpriseブログの抄訳版です。

原文はこちらをご覧ください

アナリティクス向けデータマネージメント・プラットフォームならテラデータ

特集ページはこちら


eventbanner.png