検索

SaaSとクラウドは何が違う?目的に合うサービスを選ぶための基礎知識

次々に新しいIT用語が登場しているなか、「クラウド」はかなり社会に浸透している言葉と言えるでしょう。しかしクラウドに関連するサービスにはSaaSを始め、いくつもの種類があります。実はクラウドとSaaSの違いがよく分かっていないという人も多いのではないでしょうか。ここではまずSaaSとクラウドの関係について説明し、さらにPaaS、IaaSといったサービスとの違いを解説していきます。

SaaSとクラウドはどう違う?

クラウドとSaaSが同じものかどうか、よく分からないという人もいるようです。特に区別しなくても日常的には支障はありませんが、厳密には異なります。その違いについて確認しておきましょう。


「クラウドコンピューティング」は総称的に使われる

一般的にも耳になじんできた「クラウド」とは、「クラウドコンピューティング」の省略形です。クラウドサービスとは、インターネットを経由してソフトウェアやデータを利用できるサービス形態を指します。

クラウドサービスを利用するユーザーは、サーバーやストレージ、ネットワークといったインフラを自ら持たずにさまざまなサービスを利用することができます。

クラウドとSaaSはほぼ同じ意味で使われることが多いようですが、SaaSはそのサービスのなかのひとつとなります。クラウドサービスにはほかにも、PaaSやIaaSなどがあります。

クラウドとSaaSを混同して使っても間違いとは言えませんが、インターネット上でのサービスの総称がクラウドコンピューティングということになります。


SaaSって何?

SaaSは「Software as a Service」の略語で、日本語では「サービスとしてのソフトウェア」などと訳されます。

ソフトウェアをPCのような端末にインストールせずにインターネット上で利用する仕組みを提供するものです。

インターネット上にあるソフトウェアを必要なときだけ利用できるサービスや、そうしたソフトウェアそのものがSaaSと呼ばれます。

インターネット上のサーバー上でソフトウェアを利用したりデータを保管したりできるため、端末側のデータ容量を最小限に抑えられます。また、同じソフトウェアをどこからでも利用できるので、異なる端末でもひとつの作業をすることができます。

パッケージソフトを購入してインストールするのとは違い、常に最新バージョンのソフトが利用できるのもメリットのひとつです。

SaaSの具体的なサービスとしては、以下のようなものがあります。


  • フリーメールサービス(Gmail・Yahoo!メールなど)

  • オンラインストレージサービス(Dropboxなど)

  • SNS・ブログ

  • クラウドECシステムの構築

  • ビジネス総合ソフト(Office 365など)

SaaSは誰もが登録すれば簡単に利用できるパブリッククラウドです。一方、企業や組織専用のクローズド環境で使用されるクラウドを、プライベートクラウドと言います。


SaaSとPaaS、IaaSサービスの違い

クラウドサービスのなかでも代表的な3つのサービスの違いを見ていきます。


SaaSは便利だけど自由度が低い?

SaaSはこれまでPCなどにインストールして使っていたソフトウェアを、インターネット上で利用できるサービスです。いわばパッケージ製品のインターネット版とも言えるでしょう。

オフィスソフトに代表されるように、利用は比較的簡単で誰にでも使いこなせる一方で用途は規定されています。カスタマイズがほとんどできず、自由度が低く、自分でプログラミングすることはできません。


PaaSはカスタマイズしたい人向き

PaaSは、「Platform as a Service(サービスとしてのプラットフォーム)」です。SaaSのようにパッケージ化されたソフトウェアではなく、プログラム開発に必要なネットワークやデータベース、プログラム実行可能な環境といったインフラ・プラットフォームをインターネット上で提供しています。

ユーザーはプログラムだけを用意すればよいので、自らが開発環境を準備する必要がありません。

SaaSと違って規定されている以上のことができますが、データベースの設定やプログラムの実行環境には制限があります。そのため、ある程度のカスタマイズは可能ですが、開発の自由度については低めです。

本格的な開発というよりも、個別カスタマイズをしたいというニーズに向いていると言えるでしょう。

PaaSの利用の多くは、月額制または従量課金制となっています。

PaaSのサービス例としては、Microsoft Azure、Google App Engine、IBM Cloudなどがあります。


IaaSは専門知識のある開発者向き

IaaSは「Infrastructure as a Service(サービスとしてのインフラストラクチャ)」です。

仮想サーバーやハードディスク、ファイアーウォールなどのインフラをインターネット上で提供しており、情報システムを稼働させることができます。

ハードウェアのスペックやOSの選択が自由で、ほかのサービスのような制限がありません。拡張性に優れ、ユーザーのニーズに合わせて容量・機能を積み上げられます。

プログラム開発をするうえで必要最小限の環境を提供しているため、開発の自由度は高くなりますが、高度な専門知識が必要です。ネットワークやOS、ハードウェアの知識に加え、セキュリティ対策も自ら行えるスキルが求められます。

IaaSの利用料金については、月額制または従量課金制が多く見られます。

IaaSのサービス提供例としては、Amazon Web Services(AWS)・Google Cloud Platformなどがあります。


SaaS・PaaS・IaaSを目的別に使い分け

クラウドサービスの導入に当たり、どのように選択していけばよいのかを解説していきましょう。


SaaS・PaaS・IaaSを使い分けるポイント

3つのサービスを整理すると、SaaSは用途が決められたソフトウェア、PaaSはプログラムの実行環境の提供、IaaSは情報システムの稼働に必要なインフラの提供といった感じです。

いずれもこれまではローカルで行われていたことが、インターネット上で提供されているという点が特徴となります。

使い分けのポイントとしては、まず扱う人のスキルです。システム関連部門の担当者でなければ、SaaS利用までにとどまります。

一般よりもややシステム系に詳しく、自分なりに業務効率を上げるためのカスタマイズをしたいというのであればPaaS、本格的に開発をしたいがインフラから準備するのが大変という場合にはIaaSが適当です。

自由度が低いほどコストも安く、自由度が上がればコストもそれなりに上がっていきます。サービスで提供されている内容と、希望する作業範囲、コストとのバランスを見ながら選択していくことが大切です。


どのサービスが何を提供しているのか

サービスの正しい選択をするためには、目的を明確にする必要があります。

サーバー・セキュリティの見直しや構築をしたいのであればIaaS、新しいサービスの短期開発や自社向けのカスタマイズをする環境を求めているのであればPaaS、社員が利用するソフトウェアの統一を手軽に行いたいのであればSaaSといったようにそれぞれに合ったレベルでの導入が求められます。

インフラ整備や端末への負担を軽減しながら、確実に目的を果たすためにはどのサービスが何を提供しているのかしっかりと理解し、導入を進めます。


まとめ:クラウドサービスを適切に選ぶために

クラウドはインターネット上で提供されるサービスの総称ですが、実際に提供されているサービスは種類も多く、選ぶのに迷います。そのなかでもSaaSは最も身近で利用が簡単なクラウドサービスです。日々の業務についても活用用途が広く、一般社員でも使いこなすのは容易です。一方で開発環境やシステム稼働のインフラまで提供しているサービスもあります。利用者のレベルによって、クラウドサービスの選択肢は数多くあります。導入する際には何を目的にするのかを明らかにし、コストカットや業務効率化につなげられるサービスを選ぶことが大切です。

参考:


eventbanner.png