検索

経営管理ソリューション


顧客の本当の“顔”を発見し、 適切なサービス提供で収益改善を実現します

「どの顧客」の「どの取引」を「どのように改善」すれば全体収益に「どれほど貢献」し、しかも「どのような意味で適切」なのか、といった収益に直結する課題に対し、テラデータの経営管理ソリューションは収益要素を口座単位に計測することで解決します。損益全体を構成する収益要素(資金粗利益、役務収益、経費、信用コスト)をそれぞれ取引口座単位に計測し、信用変化、市場変化や料率改定、経費削減策の実施などによって「どの顧客」、「どの取引」、「どの収益要素」で「どれだけの利益改善効果」を見込めるのかを明確にします。これにより本部および営業店での営業施策、個別顧客とのビジネス関係の改善を具体的かつ詳細に企画することが可能となります。

個別データの保持から統合管理、分析やレポートまで優れた機能を発揮する Teradataデータベース技術が、対象の顧客や対象取引ごとに具体的な指針を策定し、全社・全行にわたり理想的な取引環境を実現します。

利益、経費、信用コストを統合的に管理する 「Teradata Value Family」
Value TP : 資金粗利益を適切に配賦する

資金粗利益を、営業店利益、商品別基準金利と市場金利の差、運用調達ミスマッチなどの収益要素に細分して配賦する移転価格手法を取引口座明細単位に適用します。移転価格を取引の約定時点で確定させ、その後の市場変化で収益配分が変動しないようにします。

Value OR : 役務収益を適切に配賦する

顧客あるいは取引を特定せずに集約処理された役務収益を、計算基礎となる取引額に基づいた料率計算あるいは取引単価を適用する料率計算を再現して口座明細に配賦します。

Value ABM : 経費を適切に配賦する

取引の開始や口座の維持に要した経費を、それらに投入した人的あるいは物的な資源量から計測する活動基準原価手法を採用し、最終的には、例えば訪問や接触の回数、機器の利用回数に基づいて口座明細に配賦します。

Value ABM を詳しく見る

Value RP : 適切な信用コストを算出する

信用格付別などのデフォルト率と保全措置に対応する回収率を適用して信用スプレッド(リスク・プレミアム)を計算し、その結果に基づいて取引口座毎にみなし引当(信用コスト)額を算出します。

Teradata Value Simulator : キャッシュフローデータを活用して利益計画策定とリスク管理を行う

利益計画策定機能 キャッシュフローで把握する将来期間の残存取引(ストック)とその期間中に新たに実行する取引(フロー)の計画を合わせ、それに金利予想と Value TP の資金粗利益配賦ロジックを組み合わせる方法で、金融機関全体および営業店舗別の資金ボリュームと資金益を一体的に予想(計画)します。

キャッシュフロー作成においても口座明細の詳細さを保っていますので、ボリューム計画設定の柔軟性が高く、取引の状況を正確に反映した精度の高い業務運営計画と利益計画を策定することができます。

リスク管理機能 キャッシュフローデータを活用して流動性リスクを管理するほか、ディスカウントファクター算出機能と組み合わせて現在価値計算を行い、BPV、GPS などの金利リスク管理指標を算出します。信用リスクプレミアム含むディスカウントファクターを適用することで、信用リスクを勘案した現在価値を算出することもできます。 このキャッシュフローデータは BaselⅢ の流動性カバレッジ比率計算や IFRS の実効金利計算にも活用範囲を広げることが可能です。

顧客毎の取引、採算、リスクの状況を詳細把握して行動計画を策定する 「個社別採算管理」

利益率の順位表や信用格付と収益率のマトリックスから収益改善の対象となる与信先を特定し、さらにその与信先の取引状況にドリルダウンして取引振りや収益性(個社採算)を確認することができます。

個社採算では与信先毎の取引と収益の状況を一覧把握するだけでなく、取引種類別の集約情報から約定明細やそのキャッシュフロー情報にドリルダウンすることで収益改善の目標となる取引を特定したり、採算シミュレーションを行うことで収益改善のための行動を具体的に検討することができます。


eventbanner.png