検索

ITと経営を融合させるCIOの重要な役割とは

近年、ビッグデータ活用が企業の重要課題になっており、ビッグデータにかかわる事業を統括する役職が必要になってきました。そのひとつがCIO(Chief Information Officer:最高情報責任者)です。CIOは、自社の経営戦略にもとづいたビッグデータの形成・管理やIT戦略の策定・実行を行います。具体的には、ビッグデータ形成のためのデータ統合を含めた自社内のデータ分析基盤の構築、経営戦略に沿ったビッグデータ活用や業務プロセスの改善の提案などです。企業だけではなく日本政府など公的機関でもCIOが設置されており、いかにCIOが重要であるかを伺い知ることができます。CIOの役割や実際の業務について解説します。

CIOとは

CIOとはChief Information Officerの略称で、日本語では最高情報責任者と呼ばれます。CIOは情報基盤の構築・管理やIT活用戦略の最高責任者であり、企業の役員として経営戦略にもとづきIT戦略の策定と実行を担います。したがって、CIOにはデータの取り扱いにかかるスキルだけでなく、経営に関する知識・経験といったスキルも必要です。この役職が生まれた背景には、近年の企業におけるデータ活用の重要性が増してきていることがあります。


CTOやCDOとは異なるCIOの役割とは

CIOに似た役員職としてCTOとCDOがあります。これらの役員職は企業データに関することであり、やや重複する部分もありますが、各々の役割は明確に異なります。以下に違いを解説します。(当然、各CxOの担当範囲は企業によって調整している場合があります)


CTOは新しいテクノロジーを生み出す

CTO はChief Technical Officerの略称で、日本語では最高技術責任者と呼ばれます。CTOは、企業のIT技術開発に関する戦略や研究開発の方針の策定と実行を担う最高責任者であり、IT技術開発部門の統括を行います。つまり、CTOはIT技術に関する戦略だけでなく製品開発に必要なテクノロジーを生み出します。特に、高い技術力を核にしてビジネス展開をしている企業においては、CTOの役割は非常に重要です。


CDOはビッグデータを活用したサービスを顧客に提供

CDOはChief Digital OfficerあるいはChief Data Officerの略称で、日本語では最高デジタル責任者もしくは最高データ責任者と呼ばれます。CDOは、消費者のニーズや行動を分析して課題を特定し、それを解決するためにビッグデータを活用したサービスや新規事業を創出します。CDOはIT技術に関して詳しく知っている必要はありませんが、顧客満足度向上に向けてデータを活用する能力が求められます。


CIOの役割は社内のビッグデータ活用とビッグデータ基盤の構築・管理

CTOとCDOに関して明確になったところで、これらと比較をすることによりCIOの役割を簡単に説明します。先述したように、CTOはIT技術の「開発」にかかわる最高責任者であるのに対し、CDOとCIOはデータやIT技術のビジネスにおける「活用」に関する最高責任者です。CDOとCIOはどちらもデータ活用を行いますが、活用先が異なります。CDOがビッグデータを活用して顧客に向けたサービスを提案・創造するのに対し、CIOはビッグデータを活用した社内業務プロセスなどの改善を行うのです。つまり、CDOが顧客のニーズに沿った社外でのビッグデータ活用を行うのに対して、CIOは社内でのビッグデータ活用を行うと解釈できます。加えて、CIOはビッグデータ基盤の構築・管理を行うという点でCDOと異なります。


ビッグデータ形成や管理においてCIOの役割は重要

特にビッグデータの形成や活用においては、社内の部門を通して行われることが多いため、社内全体を見渡せるCIOの役割は重要です。ここでは、CIOの役割について具体的に解説します。


ビッグデータを活用した情報戦略の立案・実行

CIOは企業を大きな視点で捉え、どのようにビッグデータを活用して企業業績を上昇させるかを考え、的確な情報戦略を提案・実行します。その一例として、社内業務プロセスの効率化が挙げられます。ビッグデータ分析により社内の部門を越えた企業全体のデータや状態を把握し、組織における無駄な業務を特定することにより業務プロセス効率を上げることができます。CIOはこのプロジェクトのためのチームを形成し、必要な指示を出して業務の効率化を進めます。


サイロ化を解消してビッグデータを形成

データは企業にとって業績に影響するほど重要な情報ですが、大量のデータが各部門で独自に保管されているケースが少なくありません。これでは必要なデータを必要なときにすぐに得られず、データを有効に活用できません。各々で独立してデータ保管された部門が、まるで飼料を貯蔵するサイロのようになっていることから、「サイロ化」と呼ばれる問題になっています。この問題を解決するのが、CIOの役割です。CIOは、全体を見渡して部門を越えたコミュニケーションを行い、サイロ化の状況を把握したのち、問題を解決するために部門を越えたチームを形成し、指揮をとります。サイロ化が解消されれば、データは統合されると同時にビッグデータが形成されます。これによりデータ収集が容易となるため、社内でのデータ活用が促進され、結果として企業データの価値が高まるのです。


ビッグデータ管理の統括

ビッグデータ管理の統括を行うこともCIOの役割です。ビッグデータには顧客のデータや知的財産が保管されているため、外部からの不正アクセスを未然に防止する必要があります。そこで、CIOはセキュリティの状態を監視し、ビッグデータのセキュリティを確保するために必要な指示を出します。また、企業のビジネス展開にともない常に更新されるビッグデータの量が増大するなか、既存の管理手法では対応できなくなってきた場合に、基盤システムの変更・改善などの指示を出します。


企業でCIOが活躍している事例

CIOが活躍している国内企業の具体例を2社紹介します。


ANA(全日本空輸)

2016年3月までCIOを務めていた幸重孝典氏は在任中、IT推進に携わる「IT部門」の名称を「業務プロセス改革室」に変更しました。ITを活用して業務プロセスの改革を推進するために、社員の意識を変えさせることが目的でした。業務プロセス改革室は、最先端のIT技術に関する情報の入手や基幹システムの刷新を行います。加えて、プロジェクト開始前に、業務プロセス改革室のメンバーがプロジェクトチームに参加できるようになりました。その結果、ANAは「ANA SKY WEB」や「ANA SKY Mobile」のみならず、Apple Watchなどの先端IT技術に対応したアプリの提供をすばやく行うことができました。


フジテック

フジテックはグローバルにビジネス展開している企業であり、エレベーターとエスカレーターの製造・提供およびそのアフターサービスの提供を行っています。以前の同社のITシステムは、中国や韓国などにある生産工場で各々独立に機能していました。しかし、それでは全体の物流の可視化が難しく、効果的な戦略を立案することが困難でした。そこで、CIOの友岡賢二氏は、工場同士で相互依存するシステムを構築することでITシステムを統合させ、グローバルサプライチェーンを完成させようとしています。また、友岡氏は、同社が保有するビッグデータやシステムをクラウドに移行させました。これによってIT部門を各拠点に置く必要はなくなり、コストの削減が期待されています。


まとめ:CIOは社内データ活用の推進役

CIOの役割やその重要性に関して解説しました。CIOとは社内でのビッグデータ活用やビッグデータ基盤構築・管理におけるリーダーであり、企業全体を俯瞰(ふかん)して的確な指示を出します。CIOは、企業の経営の方向性に沿った情報戦略の立案・実行を推進するだけでなく、データ統合によるビッグデータ形成やビッグデータ管理の統括も行います。これにより、ビッグデータの基盤が常に盤石に保たれると同時に社内業務の効率が上昇します。競争を勝ち抜くにはビッグデータの活用は欠かせないため、その情報基盤の管理・運営を統括するCIOの役割はますます重要になるでしょう。

データ利活用で さらなる高みを目指すヤフー

経営戦略にデータを活用するMUFG

The CIO & The CMO: Transformation in the C-Suite