検索

テラデータへの印象がかなり変わった(アクセンチュア 及川氏)|Teradata PARTNERS Conference 2017 イベントレポート その1


10月22日から26日にかけて、テラデータの年次イベント「Teradata PARTNERS Conference 2017」(以下PARTNERS)が、カリフォルニア州アナハイムで開催された。今年で32回目を向かえる同イベントでは200を超えるセッションやワークショップが実施され、世界55カ国からバーチャルカンファレンス参加者を含む4500人以上の参加者が集まり、日本からも40人ほどが参加した。

日本人参加者の中から、テラデータのグローバルパートナーであるアクセンチュア株式会社より デジタルコンサルティング本部 及川雄揮マネジャーにPARTNERSの印象を伺った。及川氏の話を再構成して、PARTNERSの雰囲気をお伝えする。

ソリューション・プロバイダーとしてのテラデータ

及川氏は2011年にアクセンチュアに入社し、金融業界、通信ハイテク業界を中心に、ビッグデータ活用によるビジネス高度化をテーマとしたコンサルティングに一貫して携わっており、Teradataをベースとしたデータ分析基盤構築にも造詣が深い。最近は、AIを活用したパーソナライゼーションやバーチャルエージェントによる顧客エンゲージメント向上施策の立案などを手掛けている。

PARTNERSに参加した動機は、ビッグデータを活用したデジタルマーケティング領域における最新ソリューション動向の把握と、それを実際に活用した企業の事例を知りたいということだった。

PARTNERSに参加したことで、テラデータへの印象がかなり変わったという。「正直、私はこれまでテラデータはEDWに特化したプロダクト・ベンダーという側面しか知らなかった。しかし、ビジネス課題の解決をテーマとしたセッションや、基調講演でのアジャイル・アナリティクス・ファクトリーのような取り組みの話を聞き、アナリティクス領域におけるソリューション・プロバイダーとしての側面を知る事が出来た」(及川氏)。

顧客エンゲージメント向上に対するオールラウンドな取り組み

及川氏は今まで見聞してきた各ベンダーの顧客エンゲージメント向上に関するコンテンツには物足りなさを感じていたという。「一口に顧客エンゲージメントの向上といっても、様々な顧客接点を使い分けながら未顧客を顧客へとナーチャリング(育成)し、リテンションをかけつつ、ロイヤリティを向上させていくという非常に幅広い取り組みが必要になる。これに対して、各ベンダーのコンテンツは、自社のソリューションがカバーしている領域に終始してしまうものがほとんどだった。しかしTony BrownとKathy Koontzによるカスタマー・ジャーニーのトレーニング・セッションは、顧客エンゲージメント向上の取り組みについて全体像を示してくれた。このようなトータルな視点での解説は貴重だと思う」(及川氏)。

「テラデータが特定の製品に依存せず、自社製品から他社製品までを、顧客ニーズに合わせて組み合わせて提供することを前提としているからこそ説得力のあるセッションになったのかもしれない」と及川氏は分析する。

オープンソースの先進企業がAsterを採用していたのが驚きだった

実績の少ないソリューションをクライアントに推奨することは、コンサルティング会社には難しい場合も多い。確実なビジネス成果が求められるからだ。その意味で、成熟していない段階で新しいソリューションを採用する、また必要があれば自社でオープンソースを開発していくような先進企業の取り組みは非常に参考になるという。

「クライアントからオープンソースを活用したいという相談をよく頂戴する。そのため、国内有数のオープンソースを活用している企業が今回のPARTNERSに参加していたので、これは密に話を聞かせてもらえる大きなチャンスだと考えた」と及川氏は振り返る。

オープンソースを最も活用している企業が、分析基盤としてテラデータの製品を採用していることは、製品選択を考える上での大きな示唆を得たという。また「新しい手法や技術が次々と登場しているアナリティクスはオープンソースが最も活躍している領域の一つ。それを積極活用していく先端企業が特定の製品を利用しているイメージがあまりなかった」と及川氏は言う。「ビッグデータを用いたアナリティクスには、高速分散処理のような高度なエンジニアリングを求められる場合が多く、それがデータサイエンティストの分析業務の足かせとなってしまうケースが良くあるが、Asterはこのような問題に対する一つの解になるのでは」(及川氏)。

及川氏は、ビックデータの分析基盤まわりで悩みを抱えている企業に対してAsterの導入を検討してみたいという。Asterを採用することで、そうでなくても人材不足が深刻化しているデータサイエンティストの裾野が広がることにつながるなるのもその理由の一つだ。

「本当の意味でのビッグデータ」の時代がやってきた

「『ビッグデータ』という言葉は2000年代から存在するが、これまでは膨大なデータの中にわずかに存在する有益なデータを探し出してきて分析する意味合いで使われてきた。だが近年のディープラーニングのような機械学習の手法の進化や、それを扱うインフラやソフトウェアの高度化によって、膨大なデータのほぼ全てをビジネスに活用するための仕組みが実用化の段階に入ってきたことで、ようやく本当の意味でのビッグデータ時代がやってきたと考えている」と及川氏は言う。

ビッグデータの分析基盤を考える上で、特に重要な事はクラウドの活用だ。「ここ数年で大企業のクラウドへの抵抗感が薄れてきて、むしろ積極的に活用したいという相談が増えている。日々増加していくビッグデータに対し、オンプレミス上のハードウェア資源には拡張性に限界があるからだ。テラデータが、今後IntelliCloudのようなクラウド提供型ソリューションを本格的に展開させていくという意気込みを導入企業のセッションを通して見る事が出来た」(及川氏)。

日本人同士の絆の深まりが大きな収穫

海外で日本人同士が集まってしまうことは悪いことのように思われがちだが、ビジネスにおいては悪いとは言えない。「今回、セッション外の様々なネットワーキングの場でもユーザー/パートナー企業の方々と直接会って有益な話をすることができた。PARTNERSのような機会は、日本人同士というだけで気軽に会話が始められる効果もある。ユーザーやパートナーという枠を超えて、同じ取り組みに携わっている方々とのネットワークができたのは大きな収穫だった」と及川氏は参加メリットを語る。

テラデータが提供したPARTNERS参加者専用アプリも便利だった。セッション資料のダウンロードや参加スケジュールの管理ができ、参加者間でメッセージ交換もできる。アンケートにもアプリ上で回答できるので面倒でない。並行して複数のセッションが実施されるため、参加したいセッションがバッティングすることがあるが、参加できなかったセッション資料もアプリでダウンロードできるので不満は小さかったという。

「直接テラデータの製品に携わっている方でなくても、ビッグデータまわりのビジネスジャッジに関わる方にもぜひ参加してもらいたいカンファレンスだ。世界の一流企業の最新事例が集まる貴重な機会となっているため、極めて有益な情報が得られるはずだ」と及川氏はPARTNERSを評価した。

Teradata PARTNERS Conference 2018は、2018年10月14日(日)~10月17日(木)の日程で、米国ラスベガスにて開催を予定しています。


eventbanner.png