検索

どこでも何も変えずに動作することをメーカーが保証するのが頼もしい(MIND 小関氏、長谷川氏)|Teradata PARTNERS Conference 2017 イベントレポート その2


10月22日から26日にかけて、テラデータの年次イベント「Teradata PARTNERS Conference 2017」(以下PARTNERS)が、カリフォルニア州アナハイムで開催された。今年で32回目を向かえる同イベントでは200を超えるセッションやワークショップが実施され、世界55カ国からバーチャルカンファレンス参加者を含む4500人以上の参加者が集まり、日本からも40人ほどが参加した。

日本人参加者の中から、三菱電機インフォメーションネットワーク(以下MIND) 営業本部 ソリューション営業第一部 小関貴洋部長と、同 クラウドプラットフォーム事業部 クラウドシステム第二部 DWHサポート課 長谷川隆之課長にPARTNERSの印象を伺った。両氏の話を再構成して、PARTNERSの雰囲気をお伝えする。

データ統合からデータ分析まで全般をサポートするMIND

MIND全体のアナリティクスの取り組みは、IoTの進展によるビッグデータ分析のニーズが高まっていることを背景に変化してきた。従来はデータベース構築とツール提供が主だったが、近年では分析手法のコンサルティングやデータサイエンティストの手配も含めた分析業務の提供といったソリューション色の強いものとなった。現在は、ソリューションを1つのパッケージにして提供していくべく準備を進めている。

その中で長谷川氏のグループは、顧客のシステムにおいて、データを収集してデーアウェアハウスやデータレイクに蓄積するところから、エンドユーザーが利用するBIツールにデータを供給するところまで、アナリティクスを含めた構築全般をサポートしている。また自社製品である、多種多様な大量データを統合・蓄積・分析するデータ分析フレームワークAnalyticMartの開発と導入支援も担っている。

テラデータの提示する全体像を具体的に見極めたかった

長谷川氏が今回PARTNERSに参加するにあたっては明確なテーマがあった。

「Teradata社も含め、データとアナリティクスを提供しているベンダーの多くは、グランドスケッチというべき全体像を持っているが、どこも一見同じように見える。そこで、パーツそのものはどうなのか、他社とどこが違うのか、どのように取り組んでいるのか、どこまでパートナーをサポートしてくれるのかなどを1つ1つ具体的に確認することで、テラデータと他社がどう違うのかを見極めたかった」(長谷川氏)

その結果、全体像の中のどのパーツでもテラデータはしっかりとサポートしてくれると確信したという。

「データの入れ物としてはTeradata Databaseもあるし、HadoopのようなOSS(オープンソースソフトウェア)もある。その上に各パートナーが独自の知見や手法、製品、コンサルティングあるいはトレーニングといった付加価値を自由に提供でき、それぞれが分業しながら利益を享受する仕組み、すなわち強固なエコシステムができあがっている。エコシステムに加わり続けることで利益が生まれるわけだから、各パートナーのサポートにも期待できることになる」(長谷川氏)

明確なロードマップが顧客の安心につながる

テラデータの自信が垣間見えたという。

「Teradata DatabaseとTeradata Asterを統合するTeradata Analytics Platformの第1弾が2018年上半期に登場し、さらに近い将来にSparkとTensorFlowも統合するというロードマップを明確に示していたところにテラデータの自信を感じた。」(長谷川氏)

小関氏は営業担当として顧客と同行する中で情報共有ができ、今後のビジネスに役立てられればとPARTNERSに参加した。その目的は達成できたという。「お客様と現在導入している製品の次世代構想と開発ロードマップを共有できた。これはお客様の安心感にもつながり、我々も将来の提案がしやすくなった。これだけでもPARTNERSに同行した価値があった」(小関氏)

“Teradata Everywhere”に共感

テラデータが戦略上の最上位コンセプトに位置づけた“Teradata Everywhere”に、長谷川氏は大いに共感したという。「プライベートクラウドでもパブリッククラウドでもオンプレミスでも、またコモディティ環境でも何も変えずに動作することを、メーカーであるテラデータが保証しているのが頼もしい。ライセンス体系もそれに伴って考えられている。実効的なCPU性能も考慮した上での課金体系になっているのが顧客にとってわかりやすい」(長谷川氏)

このことをテラデータのCPO(最高製品責任者)であるオリバー・ラッゼスバーガーが「熱く」語っていたことも長谷川氏の好感度を高めた。「経営陣が自社のコンセプトを完全に理解した上で、その方向性を間違いなく進めていこうとしていることがすばらしい。実際にプレゼンテーションを見て本気であることを確信できた」(長谷川氏) さらに「経営陣のみならず製品開発者も大いに自信と誇りを持っていたのが印象的だった」と長谷川氏は付け加える。

製品説明ブースでTeradata IntelliFlexの開発者が「自分の子供のようにかわいい」と言っていたことが特に心に残った。「何よりも製品開発が好きなのだろう」と長谷川氏は感じたという。

Teradata QueryGridで“最初の一歩”が早くなる

長谷川氏が強い関心を持った製品はTeradata QueryGridだった。

Teradata QueryGridはTeradata Databaseを経由して、様々なデータソースにアクセスする仕組みである。データソースをほとんど移動することなくそのまま使うことができ、Teradata Database経由なのでインターフェースもSQLで統一される。

「データを物理的に移動するためには、様々なツールやリソース、作業が必要となり、コストがかかるが、QueryGridを利用すればそれらが不要になる。そのため、企業がアナリティクスに感じるハードルがかなり低くなり、最初の一歩が早くなるだろう」(長谷川氏)

ユーザー企業は組織作りに悩んでいる

日本企業からの参加者同士で話をして、分かったこともあった。

「我々のお客様がデータ活用のための組織作りに悩んでいたので、PARTNERSに参加した日本企業の方々に話を伺ったのだが、ユーザー企業は、その組織作りに悩むことが多いと分かった」(長谷川氏) 構築経験が豊富なベンダーから学んだことは、「ユーザー企業自身が実際の組織運営から気づきを得て改善していくように支援するスタンスがあってもよい」(長谷川氏)ことだという。

PARTNERSの使い方は自由

PARTNERSの使い方は自由だと、小関氏は指摘する。

「営業担当が顧客とずっと同行していてもいいし、技術者が情報収集のためにひたすらセッションに参加するのもいい。人脈形成に活用するのもいいだろう。しばりが全くないので、目的に応じて4日間を自由に使うことができる。私は期間中お客様と一緒に行動したが、PARTNERSの自由な雰囲気もあり、リラックスした中、お客様のご要望をより深く理解することができた」(小関氏)

ベンダー側の人材であれば、エンジニアと営業の中間に位置するプリセール・エンジニアにPARTNERSの参加を勧めたいと両氏は口を揃える。

「PARTNERSには様々な情報が集まってくる。その情報を吸い上げて、顧客を正しい方向に誘導していくことが求められる。それには得意の業務分野があり、自分のノウハウや他社製品と比較できるだけの分析と製品の知見を持つプリセールス・エンジニアが最適だ」(長谷川氏)

顧客側の人材であれば、分析したいことが明確な人であれば、技術部門やビジネス部門に関係なく全ての人に勧めたいと、これも両氏の意見が揃った。

Teradata PARTNERS Conference 2018は、2018年10月14日(日)~10月17日(木)の日程で、米国ラスベガスにて開催を予定しています。