検索

日本企業が求めるサービスレベルが伝えられたことが大きい(NTTデータ 横尾氏)|Teradata PARTNERS Conference 2017 イベントレポート その3


10月22日から26日にかけて、テラデータの年次イベント「Teradata PARTNERS Conference 2017」(以下PARTNERS)が、カリフォルニア州アナハイムで開催された。今年で32回目を向かえる同イベントでは200を超えるセッションやワークショップが実施され、世界55カ国からバーチャルカンファレンス参加者を含む4500人以上の参加者が集まり、日本からも40人ほどが参加した。

日本人参加者の中から、NTTデータのアナリティクス事業を社内横断的に支援している横尾朋喜センタ長にPARTNERSの印象を伺った。横尾氏の話を再構成して、PARTNERSの雰囲気をお伝えする。

社内横断的にアナリティクスを支援するNTTデータのAI&IoTビジネス部

横尾氏が所属するビジネスソリューション事業本部 AI&IoTビジネス部は、コンサルティングから基盤構築、運用まで、顧客のデータ活用を一貫して支援していく部門である。各インダストリーを担当する事業部門を支援する組織であるが、ただ技術情報や技術サポートを提供するだけでなく、具体的な構築プロジェクトに密接に関わるスタイルで仕事を進めている。

部門名にAIやIoTといった流行りのキーワードが入っているが、前身の組織の時代より、ビッグデータをどうビジネスに活用していくかを探ってきており、現在でもデータを収集しそれをアナリティクスにどう繋げていくか考えることをミッションとしている。

AIとIoTはそれぞれ、あくまでアナリティクスの方法論であり、データソースであるという考えだ。同部門はNTTデータ内でのテラデータ製品の販売窓口となっており、現在も金融業界の顧客に対して、テラデータAsterを活用したプロジェクトが進んでいるという。

“ワン・オン・ワン・ミーティング”で日本のサービスレベルを伝達

横尾氏がPARTNERSに参加したのは、情報収集も大きな目的だったが、最大の目的は、テラデータがセッティングした、テラデータ本社の技術者トップとのワン・オン・ワン・ミーティングに参席することだった。 ワン・オン・ワン・ミーティングとは、テラデータの重要顧客とテラデータのビジネスや技術の責任者が、ビジネスの課題について話し合うための個別ミーティングである。

横尾氏から「今回Asterを導入するのが初めてであるので詳細な技術情報を得たい、また顧客企業が求めているサービスレベルを知ってもらいたい」という要望があったので、Asterビジネスのトップとのミーティングがセッティングされた。

「初めての製品を導入するときには思わぬトラブルで遠回りしてしまうことがある。特に海外製品は、日本では情報不足になりがちで、その発生確率が高まる。それを未然に防ぐためにも、その技術のトップから有益な情報を聞き出す機会を用意してもらってことはありがたかった。また日本企業が求めるサービスレベルは世界でも有数だが、海外企業のトップはそれを実感していないことがある。技術トップに直接このことを伝えられた意義は極めて大きい。今後こちらからの要望が取り入れられるケースが増えると期待している」(横尾氏)

今後のアナリティクスの方向性が見えた

横尾氏はソリューションを利用するインダストリー側がどのような考えを持っているかに大きな関心があったこともあり、それを知るために、ユーザー事例のセッションに積極的に参加したという。

「『分析して、結果が出た』でおしまいではビジネスに繋がっていかない。現場の人たちが何を考えているかを、事例を通して知りたかった。日本よりもアメリカのほうが先進的な事例が多いと考えるので、PARTNERSで事例を聞くことには大いに期待していた。実際、数多くのセッションを通じて、IoTやAIの活用機運が高まっているといったことが聞けたし、こういうことを実際に見聞するのと、そうでないのとでは大きな差がある」(横尾氏)

10以上のセッションに参加したが、大きく2つのことが印象に残ったという。

1つは、「リアルタイム」というキーワードが頻繁に聞こえてきたこと。特に流通業の事例に多かった。横尾氏自身が、以前に流通業関連のビジネスに携わっていたため、デジタルマーケティングにおけるリアルタイムの価値は痛切に分かるという。

もう1つは、IoTに関するセッションが予想以上に多かったこと。「それまでは、テラデータとIoTが結びつくということが正直ピンと来なかった。事例を聞いたことで、なるほどこのようにテラデータ製品を使うのだととてもよく理解できた」(横尾氏)

「お客様からテラデータのデータベースをもっと活用するにはどうするかについて尋ねられたときに、答えられる用意ができていないといけない。それには数多くの事例を知ることだ。PARTNERSに参加したことで、事例情報を頭にインプットできたことは今後役に立つだろう」と横尾氏は付け加える。

情報交換だけでも価値がある

日本人参加者同士の交流も大いに役に立ったと横尾氏は振り返る。

「日本企業の発表は、日本人である私にはやはり分かりやすく、『なるほど、そういうことなんだ』ととても参考になった。それ以上に、先行してAsterを導入している企業の担当者と直接話をして様々な情報を得られたことが大きい。製品には個別の癖があり、あるソフトウェアとはうまく接続できないといったことが往々にしてある。そのあたりを先行している方々から聞けたことは大きな収穫だった」(横尾氏)

「交流を通して、すぐにビジネスが始まるわけではないが、情報交換するだけでも大いに価値がある」と横尾氏は強調する。

プラットフォームの上で様々なパーツを組み合わせて高い品質を確保することが矜恃

「テラデータにはアプライアンス製品を提供するベンダーというイメージがあったが、ハードウェアもソフトウェアも場所を選ばずにどこでも使えるという“Teradata Everywhere”のコンセプトを経営陣が語るのを聞いて印象が変わった」と横尾氏は言う。

「ハードやソフトを販売するところに留まらず、サービスを提供していくほうにシフトしていくというメッセージをテラデータから受け取った。我々も特定の製品やソリューションにこだわるのではなく、あるプラットフォームの上に様々なパーツを組み合わせて、それをどう使っていくかをお客様に提案していかないといけない。PARTNERSで現在どのようなパーツがあるのか情報収集できたことは、今後のビジネスに繋がっていくだろう」(横尾氏)

様々な組み合わせの中から、顧客にとって最適なものを顧客に提案していくだけではなく、それを最高の品質に仕上げることがNTTデータの矜恃だと横尾氏は言う。その組み合わせの中にはOSSも含まれる。その意味で、OSSのスペシャリストであるThink Big Analyticsの主要メンバーと親密になれたことも大きな収穫だという。

「お客様に提案やアドバイスをするために、アナリティクスに関する最新の事例や情報を収集したい人には、PARTNERSの参加をお薦めしたい。私自身は参加して、大きな刺激を受けた。我々のビジネスにも良い変化をもたらすと確信している」と横尾氏は締めくくった。

Teradata PARTNERS Conference 2018は、2018年10月14日(日)~10月17日(木)の日程で、米国ラスベガスにて開催を予定しています。