検索

Teradata Vantage 30日間無償トライアルのすすめ #2 | トライアルで何ができるのか?



Teradata Vantage30日間無償トライアルは、マルチクラウド・データウェアハウス・ソフトウェア Teradata Vantageの機能を体験することを目的としています。例えば、下記をお試しいただけます。


  • データベースとテーブルを作成し、アドホッククエリを実行 EditorまたはJupyterから各種SQLを実行できます。

  • Teradata Vantageにデータをロード

  • Editorを使用して、SQLコマンドを実行せずにはPCからデータをロードできます。※このオプションはトライアルではCSVデータに限定されています。

  • EditorまたはJupyter、およびNOSを使用してSQLコマンドを実行し、CSV、JSON、およびParquetデータを外部ストアからローカルテーブルにロードできます。

  • NOSを使用したデータレイク分析 NOSを使用してクラウドデータレイクに保存されているデータに接続できます。

  • オブジェクトストアのデータを探索 EditorまたはJupyterを使用してSQLコマンドで、データベーステーブルおよび外部オブジェクトストレージのデータにクエリを実行できます。

  • クエリから結果セットをダウンロード EditorまたはJupyterを使用して結果セットをCSVファイルでダウンロードできます。

  • Jupyterを使用してSQL、Python、またはRコードを記述して実行 Teradata SQL、Python、またはRノートブックを利用し、クエリを実行できます。

  • 高度な分析を実行し、データを視覚的に探索 Analystで、パス分析などの高度な分析と、結果セットの視覚化を行うことができます。

  • Vantage Analytics Libraryを使用 データサイエンティストが利用する50を超える高度な分析関数を含むVantage Analytics Libraryを利用して、高度な分析を効率的に実行できます。このライブラリは、探索的データ分析、データ準備と機能エンジニアリング、仮説検定、統計および機械学習モデルの構築とスコアリングを含む、データサイエンスプロセス全体をサポートします。

  • ユーザーを追加と管理 Consoleからユーザー管理を実行できます。

  • スケールアップ、スケールダウン、スケールアウト、スケールイン Consoleを利用して、コンピューティングリソースのスケールアップ、スケールダウン、スケールアウト、スケールインを実行できます。

  • S3バケットポリシーコードスニペットを生成し、VantageがS3バケットにアクセス AmazonS3バケットへのアクセスの許可を実装することができます。

  • 列テーブルの作成 Teradata Columnar機能を使用して、ユーザー定義テーブルのデータを整理するか、ストレージのインデックスを結合して、特定のクラスのクエリのI/Oを削減できます。テーブルをパーティション分割するか、列ごとにインデックスを結合することが可能です。

  • 時間および地理空間分析 Teradata Temporal機能を使用し、地理空間および時間に関するデータを格納、クエリ、および更新することができます。


Teradata Vantageに関するマニュアルはこちらで確認いただくことができます。


このトライアルにご興味をお持ちいただいたお客様は、下記サイトよりエントリください。担当より環境セットアップに当たってご相談のご連絡をさせていただきます。



eventbanner.png